津和野 和菓子処 三松堂 | TEL: 0120-174-006 | FAX: 0120-174-005 | EMAIL:info@sanshodo.net

和菓子処 三松堂

最新のエントリ

カテゴリ一覧

アーカイブ

ブログ カレンダー
« « 2017 4月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

最新のコメント

サイト内検索

WWW を検索
和菓子処 三松堂ホームページ
三松堂オンラインショップ
龍鈴
Google

益田店のブログ

最近朝晩がかなり冷えこみますね…だんだん布団から出るのが辛くなります↓

お久しぶりです。益田店店長の阿部です
さて、この間ご紹介した大屋窯の器セールも無事に終わり・・・かと思ったのですが、予想以上にセール商品が大屋窯さんから届いたので、4日間では捌ききれないという理由で、急遽セールイベントを延長しております。今週の日曜日、10/19までさせて頂こうと思っておりますので、まだイベントにいらっしゃられていない方は、是非ご利用下さいませ

では、本題に行きましょう!
最近益田店の方で「メール配信サービス」を始めてみました。季節のお菓子の発売情報を会員様限定の特典と一緒にお届けしようというサービスです

特典1:
会員様には発売日より2?3日早く予約注文をとれる形を作っています
特典2:
任意で、住所をご登録頂ければ、配達サービスも承ります。連絡一つで、設定された時間帯にお届け致します

お店でも、その場で無料会員登録して頂いたには、お持ち帰り用のドリップ珈琲とお菓子のセットを差し上げています。

無料会員登録はQRコードのアドレスに空メールを♪


  • お店の事
  • 2008-10-13 18:54
  • コメント(0)
  • TB(0)
  • 閲覧(5917)

急に冷えだしましたね。皆さん季節の変わり目なので体調管理には気をつけてくださいね

お知らせがあります。

当店でも、お召し上がり用のお皿や湯のみですとか、花器などにも使わせて頂いています「大屋窯」の器のセールを、10月10日(金)?10月13日(月)の間で行います。
「大屋窯」は萩の土を使った陶器や磁器を作っておられ、私個人も愛用させて頂いているのですが、とても個性的な焼き物を作られる窯ですね。顔のついた可愛らしい器もあれば、どっしりとした趣のある器も作られます。しかも、使っていく内に色に落ち着きがでたりと次第になじんでくるのも特徴ですね。

今回のセールは、萩にあります「大屋窯」の窯元でもセールを行い、益田の三松堂と同時開催になります。萩が遠いと思われる方は、一度益田店の方に寄られてもいいでしょう。

普段よりリーズナブルなお値段でご用意しておりますので、ご興味のある方は是非この機会にお越し下さいませ。



当店のお菓子と一緒に写っているのですが…お皿は「大屋窯」のお皿です。↓初めて見られる方へのご参考になればと思います。

  • お店の事
  • 2008-9-28 18:28
  • コメント(0)
  • TB(0)
  • 閲覧(5282)

久しぶりの書き込みになってしまいました。
最近季節の変わり目で、暑くなったり寒くなったりですね、皆様風邪などひかれていないでしょうか?
朝方は冷えますので体調管理には充分ご注意下さいね


さて、今日は「秋分の日」ですね…ご先祖様を敬い、亡くなった方を偲ぶ日とされています。
皆様はご仏壇もしくは神棚に御供え物などされましたか?今日のような日は家族で集まり、皆さんで昔話もいいかもしれませんね…

  • お店の事
  • 2008-9-23 18:31
  • コメント(0)
  • TB(0)
  • 閲覧(5470)

昨日は二十四節気の「白露」という事もあって、夜遅くは靄がかかっていましたね。皆さんお気づきでした?まだまだ暑いですが、もうすっかり秋に入りましたね

さて、今日は当店の秋のお菓子、「むしどら」と「くるみ」にも使われている「白下糖」についてご説明させて頂こうと思います。

白下糖とは、昨日ご説明させて頂きました「和三盆糖」を作る前に出来る黒糖のことなんです。「白下糖」も同じくサトウキビから作られるのですが、そのサトウキビは南方(沖縄)のものとは違い、少し小さく、細いもので、しかも甘さがすっきりとして口の中に甘さが残りません。この「白下糖」もその「和三盆糖」の特徴を引き継ぎ、すっきりとした甘さがとても美味しい黒糖ですね
私もこの「白下糖」を頂くまでは、黒糖は甘ったるいので毛嫌いしていました。ですが頂いてみると、すっきりとした甘さで、私の中の黒糖のイメージがガラッと変わりましたね。それだけ他の砂糖との区別がハッキリしています。

イベント期間中、「白下糖」を使った「むしどら」と「くるみ」も販売致しますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

  • お店の事
  • 2008-9-9 18:03
  • コメント(0)
  • TB(0)
  • 閲覧(7679)

お待たせいたしました

前回お伝えしたとおり、今日から讃岐の名物を簡単な説明と一緒に御紹介させて頂こうと思います。

では今日は「和三盆糖」について…

和三盆糖とは、昔から日本のお菓子を支えてきた砂糖…との事です。
四国の徳島と香川の県境にある山脈の北側と南側で栽培されている「竹糖」といった品種のサトウキビを原料にしたお砂糖で、一度に生産できる量も限られており、とても貴重なお砂糖なんです。

きめがとっても細かいのも特徴の一つですが、和三盆糖の最大の特徴は、その後味にあります。甘いのですが、その甘さが口の中に残らず、すっとのどの奥に解けてゆく、その後味のよさ。
一度食べたら他の砂糖がいかに甘ったるいか良く分かりますよ。

今回のイベントでは、その和三盆糖を使ったお干菓子を、季節を感じさせる「栗」や「稲」などの形を模ってご用意しております。
ご興味のある方は是非、いらっしゃって下さいね

  • お店の事
  • 2008-9-8 18:30
  • コメント(0)
  • TB(0)
  • 閲覧(5538)