津和野 和菓子処 三松堂 | TEL: 0120-174-006 | FAX: 0120-174-005 | EMAIL:info@sanshodo.net

和菓子処 三松堂

最新のエントリ

カテゴリ一覧

アーカイブ

ブログ カレンダー
« « 2017 5月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

最新のコメント

サイト内検索

WWW を検索
和菓子処 三松堂ホームページ
三松堂オンラインショップ
龍鈴
Google

益田店のブログ

こんにちは、益田店店長の阿部です。
新年早々ですが、反省しなければならない事があります。
それは、お客様を不快にする接客を、私達益田店の接客員がしてし
まった事です。

先日、ひとつのクレームを、お客様から頂きました。

クレームの内容は、「応対した従業員に笑顔がなく、できない事は、ハッキリと「できません」と真顔で言われ、お客様は「もっと他の断り方があるだろう」と、大変残念に思った。」と伺いました。

クレームの原因を作ったのは、店長である私かもしれませんし、他の従業員かもしれません。

このクレームをお客様から伺い私達は、店に立つ者全員が自分の起した事と思い、同じ事が二度と起こらないように、真剣に取り組む所存でございます。

私達はプロである以上、笑顔を絶やしません。お客様からせっかく頂いた考える機会です。
お客様に、気持ちよくお菓子を召し上がって頂き、心から美味しいと感じて頂く為に、私達接客員は気持ちの良いサービスをもう一度考え、本当に満足してお客様にお帰り頂けるように、改めて取り組んで参ります。

  • お店の事
  • 2010-1-14 10:13
  • コメント(0)
  • TB(0)
  • 閲覧(8775)

今年もやって参りました。「珈琲ゼリー」が7/10(金)より登場です。

今年は、値段がかなり下がりお安く提供できそうです。今までゼリーを作る時にはまず暖かいコーヒーを作って、冷ましてから固めるという工程だったのですが、倭の風のアイスコーヒーが出来上がりましたので、手間が省けてアイスコーヒーを固めるだけになったためお安くなったという訳です。

さて、ご存知でない方もいらっしゃるでしょうから簡単なご紹介を致しますね♪

こちらは当店で、扱っている「倭の風」というブレンドコーヒーを寒天などで固めた珈琲ゼリーなんです。「倭の風」は少し酸味の効いた珈琲で、苦味が少なく飲みやすい・・・珈琲のコクを損なう事なく、苦手な方でもスッと飲めるように作られたブレンドコーヒーなんです。
実は、私も苦手な方だったのですが、倭の風を飲ませて頂いてから自然と生活の中に珈琲が加わったくらい飲みやすいんですよ。

その珈琲を使ったゼリーですから、苦手な方でも大丈夫だと思います。

上には生クリーム・・・ではなく、「あわ雪」という甘さのついたメレンゲに近い素材を乗せていますので、一緒に頂くと尚食べやすいでしょう。一息つくときにでも使っていただけたら幸せます。

暑い夏、今年も冷たいお菓子で涼しい気分を演出させて頂きます。

「珈琲ゼリー」  一個¥290

  • お店の事
  • 2009-7-7 17:56
  • コメント(0)
  • TB(0)
  • 閲覧(6924)



久しぶりの書き込みになってしまいました。
今日はこちらでイベントのご案内を差し上げようと思います。

 7/3(金)?7/7(火)までの期間中に、高津のパン工房「モヌッカ」さんとのコラボで、豆パンを益田店にて販売します。 今回は、和菓子の材料で使う豆を使ってパンを用意していただきました。小豆・青えんどう豆・黒豆と3種類ほど用意しております。 只豆だけ使っているのではなく、この暑い夏にものど越しよくお召上がりいただけるようにちょっと工夫がしてあります。
 では、ここで商品の紹介を・・・

1セット¥550(小豆・青えんどう・黒豆の3種類のセット)
 「小豆」・・・小豆とキャラメルのコンビ。塩味と甘みが絶妙な美味しさです。
 「青えんどう豆」・・・青えんどう豆とベーコン、ペッパーを練る込んだスパイシーな味に仕上げました。
 「黒豆」・・・小麦粉と黒豆の風味をそのままシンプルに味わえます。

という内容になっております。青えんどう以外は餡をつけて食べたりしても美味しいですよ♪ ご興味のある方は是非いらっしゃって下さいね。お待ちしております。

  • お店の事
  • 2009-6-24 10:06
  • コメント(0)
  • TB(0)
  • 閲覧(6617)

お久しぶりです。益田店店長の阿部です。
春以来の更新となりましたが、皆様元気に春を迎えられましたかね?最近まで日夜温度の差が激しく、体を壊されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨日あたりから気温も安定してまいりましたので、とりあえず一安心となりましたね…

さて、今日から彼岸入りとなりました。ご自宅で「おはぎ」など作られてお召上がりになった方も多いのではないのでしょうか?
最近昔からの伝統がなくなりつつあるとよく聞きますが、不思議とおはぎを自宅で作られるというのは、私はよく耳にします。
時代は変わっても、やはり日本人の嗜好だけは変わらないのでしょうね…
しかし、忙しい方には中々自宅で作るというのは難しいでしょう。
餡子を炊いたり、餅米を練ったりと何かと手間が掛かりますので…


ちなみに三松堂でも「おはぎ」は取り扱っております。「今年は忙しい」という方、「いつもと違うおはぎが食べたい」という方などいらっしゃいましたら、是非お立ち寄り下さいませ

「おはぎ」
小豆・きな粉・青のり 一ヶ150円
http://www.sanshodo.net/uploads/img48ca34023a3e3.jpg


久しぶりの更新になってしまいました。このブログを益田店の情報源とされている方、長い間大変申し訳ありませんでした。

最近すっかり秋の季節になりましたね。朝晩はとても寒く、布団から出るのが辛いです。
しかし、気温が下がった分空気が澄んで星がよく見えるようになったのもまた見物ですね

さて、皆様秋の味覚と言えば何を連想されるでしょう?「栗」、「芋」、「柿」など色々ありますね。
先日、お客様のご要望で職人が面白いものを作りました。

「子供の誕生日会を兼ねて、お茶会をしようと思うの。娘は名前に朱色の「朱」が付くんだけど、もし出来ればその色を使った可愛いお菓子が欲しいんだけど出来ますか?」

というご要望を私は先日受けました。
正直私はあんまりピンと来なかったので、「希望通りに用意するのは難しいだろうな」と思いながら職人に電話をかけてみたところ…

「それくらいなら大丈夫。できますよ」

以外にすんなり注文を受けて下さいました。
朱色を使う上に可愛いお菓子となると一体どんなお菓子が出来上がるのかむしろ私自身も楽しみになり、色々と想像しながら日々を過ごしておりました。
そして、お客様にお渡しする日がやってまいりました。
実はその注文を頂いたお客様は知人で、職人もどんなお菓子を作ったのか教えていただけないので、お願いしてその場で空けてみる事にしました。


中には何とも綺麗な朱色の「柿」がコロコロと入っていました。知人も大喜びで、後々伺ったところ誕生日会で娘さんも大変気に入られて、大喜びだったと嬉しいお電話を頂きました。
いつもながら職人の発想と技術には感服します。
職人にお菓子を見て満足して頂いているお客様のお顔を見せてあげれないのが残念で仕方ありません。

改めて…職人が一生懸命作ったお菓子を、お客様にお届けするお手伝いができる事を、とても嬉しく思いましたね。

  • お店の事
  • 2008-11-17 19:01
  • コメント(0)
  • TB(0)
  • 閲覧(5429)