津和野 和菓子処 三松堂 | TEL: 0120-174-006 | FAX: 0120-174-005 | EMAIL:info@sanshodo.net

和菓子処 三松堂

最新のエントリ

twitter

flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sanshodo. Make your own badge here.

アーカイブ

カテゴリ一覧

ブログ カレンダー
« « 2017 6月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

サイト内検索

WWW を検索
和菓子処 三松堂ホームページ
三松堂オンラインショップ
龍鈴
Google

社長のブログ



長い間同じ場所で生活/仕事をしているとどうしてもモノが溜まりがちですよね。

当店でも数年前に大掃除をして、トラック数台分の不要なモノを処分してもらったことがあります。

確かに、使えるものを処分するのはもったいない気がしますが、だからと言ってそれを置いておくと、モノがどんどんたまっていき、限られた貴重なスペースを占拠し始めます。そして、当店のように最終的にはお金を払って、処分してもらうことになります。

そうなると、何が勿体無いのか良く分からなくなりますね。

どんどんモノを溜めていくと、そのモノは活躍の場を与えられるわけでもなく、どんどん積み上げられて、眠ってしまい、存在が死んでしまいます。

限られた貴重なスペースも、どんどん使われないもので占拠されていき、本来の目的を達すること無く、忘れられた場所となっていきます。

それらを管理する我々も、新たに積み上げるモノのために、たまにその場所を整理する必要があります。でも、そのモノが無ければひょっとしたら、必要のない労働かもしれません。

そして、当店の例で言うと、最終的には、本当に場所がなくなり、色々なモノを処分する事となりました。そして、その費用は、トラック一台につき・・・。それが数台ですから・・・!

こうなると、何がもったいないのか、本当にわかりません。

物資が不足していた時代であれば、紙一枚無駄には出来なかったと思います。

しかし、モノの氾濫する今の時代、ものを大切にする、という事をちょっと考えてみる必要があるなと。

まあ、それには何が今我々に必要なのか、が大切なのかもしれませんね。

昔は物資が足りなかったでしょうから、それを大切にするのは当然の事だったのだと思います。

ただ、今はモノはいくらでもあるし、リサイクルも発達している。

その機能はなくなったけど、何かに使えるかもしれないと取ってある道具。昔のパッケージや包装紙。そして使われなくなった機械類。

こういうモノは、取っておくよりも、リサイクルに回せば良いし、逆にリサイクルされることによって、社会の中で使命を終えたモノが新たな使命を受け、活躍の場が与えられるかもしれません。

家庭や会社内に「使うかもしれない」モノを置いていた場所も、本当に必要なものを置く場所として生きてくるかもしれませんし、何にせよ、そこを管理していた我々の貴重な時間がセーブされます。

そのセーブされた時間は、我々が今本当にしなくてはならないことに使えば良いんじゃないでしょうかね?

今は不況と言われ大変なときです。

当店も、生き残るためには、時代のニーズに合わせてお店を変化させなくてはなりません。

放っておけば売上がどんどん落ちていく今の時代に売上を上げていくには、同じ従業員数・作業スペースで、もっと多様なお菓子を今まで以上の量、造らなくてはなりません。

その中で、当店にとって何が一番貴重かというと、従業員の時間と作業スペースです。

その本当に貴重な従業員の時間と、彼らがのびのび働ける作業スペースを確保するためにも、今必要のないものは、どんどんリサイクルに回すべきだと思うのです。

そうすることにより、我々ものびのびと仕事ができるし、モノだって社会の中で生きてくるんじゃないかと思うんですけどね。

日本人として、「もったいない」と思う心は、これからも大切にしていかなくてはならない、と思います。

ただ、今何が本当に必要なのかを、良く考えなくてはならないなぁと思もいます。

  • 仕事の話
  • 2010-9-22 10:58
  • コメント(0)
  • TB(0)
  • 閲覧(4849)



最近、暇があれば、掃除と整理整頓をしているのですが、モノを動かし、場所や建物をきれいにしていると、ふと気がつくことがあります。

それは、施主や大工さんの、建築時の意図。

なぜ、この建物を建てたのか、なぜ、こんな形になっているのか、なぜ、ここにこれがあるのか。

それが見えてくると自然と、どこに何を置けばいいのか、分かるような気がします。

簡単な例で言うと、置くところが無いからと廊下にモノを積み上げて廊下が倉庫状態になっていたします。

ただ、廊下はあくまでも廊下。

最初は、人が行き来しやすい状態で造られたはず。

その人が移動するための場所に荷物を置くと、当然人の通るスペースは小さくなり、荷物を持った状態では通りにくくなり、二人の人間が擦れ違えないような状態になります。

そうなると、当たり前ですが、作業効率は下がりますし、何にせよ、使っている人間がスムーズに動けないというストレスを抱えることとなります。

書いてみると当たり前のことですが、我々が生活しているとどうしても『 垢 』が空間に付いてしまうのは当然のこと。

有るべきものが有るべき場所に有る。

そういう状態が、やはり自然な状態であり、そうなると、全てが生きてくるんじゃないかなぁと。

ま、何にせよ、綺麗になると気分が良い。

気分が良いと、全てがはかどりますね。

  • 仕事の話
  • 2010-9-18 11:03
  • コメント(0)
  • TB(0)
  • 閲覧(4901)


 
最近、ようやく暑さが和らいできたので気持ちが良いですね。

ただ、夏バテか秋バテか、体の調子が優れない。

昨日、マッサージの先生に聞いたら、

「疲れてますね」

と、一言。

3日?7日くらい休めば治るよ、とも。

急に言われてもなー

まあ、休みの予定立てても、絶対何か入りそうな予感がするしな

ともかく、今月は休めそうもありませんな。




桃の・・・お香立て、だったと思います。


萩・大屋窯にて


本日は、おはぎの撮影でした。 暑いから餡ものはまだ、食べる気にならないかもしれませんね。 当店で販売するおはぎは、つぶ餡、青のり、そしてきな粉です。 お彼岸ころに販売予定です。

  • 仕事の話
  • 2010-9-4 16:11
  • コメント(0)
  • TB(0)
  • 閲覧(5032)


photo by Atsushi Kawabe

先日お知らせした「アイラブ鎌倉コンサートVOL3」

大盛況でしたと報告がありました。

少し遅くなりましたが、

皆様のご協力、大変有難うございました。




ようやく夜が涼しくなってきましたね。

漁港の風に当たっていると、そのまま寝てしまいたくなるほど

気持がいいです




経営理念とは、当店に取って何なのか?と言うことを良く考えます。


経営理念は、人で言えば精神を定義するものでしょうか?


それによって、組織全体が生き物としてどういう方向に進めばいい
のか、という指針になるような気がします。


でも、経営理念だけだと、具体的にどう動くのか、という事が書い
ていないため、社員同士、解釈の違いで戸惑うときがあります。


そんな時に必要なものが、マニュアルでしょうか。

...続きを読む





タイトルが「夏の思い出」って、これ最近の写真なんですが(笑

思い出ってほど涼しくもなってねーしなー。

ま、そんな感じです(笑