定番の和菓子 - タイトル

和菓子 源氏巻 450

名称 源氏巻(げんじまき)
販売期間 通年
購入 オンラインショップはこちらから


■ 源氏巻ってどんなお菓子?

三松堂の源氏巻は北海道小豆 を使いすべて自社製餡ならで はの甘さをおさえた「あん巻 き焼き菓子」です。薄くきつ ね色をした皮は昔ながらの製 法そのままです。三松堂の源氏巻は津和野名物として長い 間皆様に御愛顧いただいてお ります。

■ 源氏巻の由来

源氏巻は歴史も長く、その由来は元禄の時代までさかのぼります。 ときの津和野三本松城主・亀井能登守慈親公は公家吉良上野介義央 に辱めを受け、余りの口惜しさに上野介を斬ろうと覚悟します。この事 を知った家老の多胡外記は大事に至らぬようにと、機転を利かせて上 野介に取り入り、事なきを得たといわれています。この時、家老の多胡 が上野介に取り入るために使った進物、「小判包みの形のお菓子」が 源氏巻の原型になったと言うことです。

■ 津和野名物

源氏巻は上記の通り歴史の長いお菓子です。ここ津和野でも作っているお菓子屋は当店を含め十件以上になります。当店では昔ながらのこし餡のみですが、粒餡、抹茶餡、ゆず餡などで作られるところもあります。店によって味や特徴が違うんですね。

■ 北海道小豆

源氏巻の餡に使われている豆は北海道小豆の最高級品です。十勝の芽室農協の『 雅 』小豆を使用しています。米には品種 『 コシヒカリ 』 がありますね。豆にも 『 雅 』 と 『 北の乙女 』 があります。『 雅 』 の方がおいしい豆です。産地も十勝、旭川、小樽等あります。産地で一番おいしい所は『十勝』と言われています。そして農協を指定して一年を通じ、同じ味、美味しい餡であるように努力しています

■ 小麦粉は国内産

餡を包む皮に使っている小麦粉は、福岡で作られています。「筑後・山笠」と言う小麦粉ですが、国内で採れる小麦は、長く輸送する必要がないために、ポストハーベストの農薬や除虫剤を使うことがありません。安心してお召し上がりいただけます。

■ どんな人が買うの?

地元の人が自宅用やお土産に買って行きます。飽きのこない味だけに、ちょくちょく買って帰る人は多いようですね。観光シーズンになれば、観光でこられた人達がお土産用にたくさん買っていかれます。やっぱり津和野のお土産は源氏巻なんだなぁ、と思います。

■ どこで買えますか?

三松堂の源氏巻は、このホームページからもお買い求めできます ⇒ オンラインショップへ

また津和野にあります三松堂本店、菓心庵や益田市にある三松堂益田店でも、販売しております。